EUは、輸入された医療用品および器具を関税およびVATから免除しました

2020年3月20日、欧州委員会はすべての加盟国と英国に、第三国からの保護品およびその他の医療機器の輸入に対する関税とVATの免除を要請するよう要請しました。協議後、欧州委員会委員長ウルスラフォンデルレイエン4月3日に、第三国(EU以外の国)から輸入された医療機器および保護機器を、新規コロナウイルスとの戦いを支援する関税および付加価値税から一時的に免除することを正式に決定しました。

 

微信图片_20200409132217

 

一時的な免除が許可された供給品には、マスク、キット、呼吸器が含まれ、一時的な免除は6ヶ月の期間であり、その後実際の状況に応じて期間を延長するかどうかを決定することが可能です。

 

中国からのマスクの輸入を例にとると、EUは6.3%の関税と22%の付加価値税を課す必要があり、人工呼吸器の平均付加価値税は20%です。免除後の購入者。


投稿時間:2020年4月9日